ぎっくり腰・症例1

ぎっくり腰・症例1

40代男性

主訴:米俵を持ち上げた歳、腰にかなりの激痛
   以来、腰が真っ直ぐ伸びなくなった

既往歴:過去にも何度かぎっくり腰をしたことがある。
    左下腿に大きな裂傷。
    3年前に腰椎3番~4番に椎間板ヘルニアの手術。

所見:下肢に痺れや痛みはない。
   SLR(下肢伸展拳上検査)異常なし。
   体幹前屈は問題なくできるが、腰を反らすことは全く不可能。
   腰椎5番に変位。 
   左下肢と右上肢に特有の捻れ。

施術:まずは急性の痛みを取る為、腰椎5番の変位にタッチ。
   1分ほどで骨が動く。
   
   この時点で患者に動きを確認してもらう。
   
   私『どうですか?一番原因となっている腰椎の歪みはとれましたが。』
   患者『おっ、だいぶ腰を反れるようになったわ~(笑)』

   あとはじっくり細部まで身体の捻れを摂っていく。
   仕上げは○○整体。
   
   私『いくよ~っ!』
   患者『うわっ、これ何~(笑)』
     『全然関係ないとこの皮膚が伸びる~』

考察:ぎっくり腰
   昔、学生時代の教科書には【魔女の一撃ぃぃぃっ!】と書いてました(笑)
   魔女の一撃だから魔法攻撃か?マジックか?
   どうせヤラれるなら美人魔女にやられたい。なんて妄想したり・・・

   腰痛は鑑別診断さえしっかり出来れば、そんな複雑なものでもありません。
   今回のケースは、身体の捻れがあるところに重いものを持ち上げたので、
   負担が一気に腰椎5番に集中したのでしょう。
   この方は腰椎3~4番が手術によって全く機能していません。
   腰の基本は5番。でも機能には上部腰椎も大切。
   すべての腰椎が柔軟に機能することで、身体は生きてくる。

   誰かに負担を押し付ける。そのしっぺ返しはきっとくる。
   身体も社会も【和】ですよね。
   
   
   
   
   
    

PAGE TOP