オステオパシーの適応症

どのような症状やお悩みであっても必ず身体が本来の自然治癒力を発揮できない原因が存在します。身体全体を検査し、症状の原因を探りだし問題を取り除くことで全身の調和を取り戻し、自然治癒力を高めます。その症状を治すというより、失われた身体の治癒メカニズムを甦らせ、身体自身に症状を治すための環境を整えることを目的とするので、何か特定の症状にだけ有効というものではありません。多くの症状が混在していて何が原因か分からないという方、また今まで色んな治療法や治療院を試したが一向に改善の糸口が見つからないという方でもお喜び頂けることが多くございます。
オステオパシーは現在、日本においては医療ではなく、代替的・補完的な自然療法としての役割を担っています。
命に関わる様な重度の症状がある急性期、または医学的な『診断』を求めている場合はまず、医療機関にて医師の診断を仰いだうえで、自然療法的アプローチとしてオステオパシーを選択して頂くことをお勧め致します。なんらかの具体的な診断が医療機関で下されていたとしても、施術の際には、一度白紙の状態で身体を診断し、その診断に関わる限局された部位だけを施術するということはしません。どのような症状やお悩みでも、全身を視野に入れて施術を行います。

運動器系

関節痛全般、腰痛、肩こり、首や背中の痛み、寝違え、膝の痛み(オスグッドなど含む)、むちうち症、スポーツ障害(野球肩・野球肘・テニス肘など)、
股関節痛(変形性股関節症、先天性股関節脱臼など含む)、恥骨痛、尾骨痛、肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)、骨格の歪み、 骨盤の歪み、ドゲルバン病(腱鞘炎)、顎関節症、恥骨痛、尾骨痛、バネ指、捻挫・骨折後の慢性症状 など

神経系

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症による痺れ症状(頸椎・腰椎)、坐骨神経痛、頭痛、めまい、耳鳴り、手足の痺れ、 頸肩腕症候群、胸郭出口症候群、肋間神経痛、自律神経失調、更年期障害、不眠、頭ののぼせ など

呼吸器系・循環器系・血管系

風邪、鼻炎、気管支炎、喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、睡眠時無呼吸症候群、動悸、脳血管障害後のケア など

消火器系

便秘、下痢、胃の痛み・むかつき、腹部膨満感、逆流性食道炎 など

代謝系・内分泌系・脳脊髄液系

高血圧、肝機能障害・甲状腺機能障害・糖尿病など慢性疾患のケア など

泌尿器系

頻尿、尿失禁、むくみ、膀胱炎・腎盂腎炎 など

婦人科系

不妊症、生理痛、生理不順、月経前症候群、無月経症候群、更年期障害、子宮筋腫・卵巣嚢腫のケア など

産科系

マタニティケア、逆子、妊娠中の諸症状(腰痛、恥骨痛、尾骨痛、股関節痛など)、
産後の諸症状(腰痛などの他、頭痛、めまい、手の痺れなども含む)、産後太り、骨盤矯正 など

小児科系

ADHD(注意欠陥多動性障害)・発達障害と診断された小児の発達支援、てんかん、赤ちゃん(新生児含む)の向き癖、赤ちゃんの吐き戻し、斜頭、夜尿症、小児喘息 など

手術・骨折後などの自然療法的ケア

内臓関連の手術後の不定愁訴、手術を含めた骨折後の不定愁訴、脳血管障害による後遺症 など

アレルギー・自己免疫疾患系

花粉症・アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、関節リウマチ など

姿勢・先天的な構造異常に関するもの

側弯症・先天性股関節脱臼・臼蓋形成不全など構造異常に由来する症状、猫背、モートン病、外反母趾・内反小趾による痛み、反張膝 など

より健康になるための予防的ケア

免疫力の向上、スポーツ能力の向上、睡眠の質の向上、過度な労働の疲労の緩和 など

PAGE TOP