ヘルニア・症例1

ヘルニア・症例1

20代男性

主訴:左お尻~左下肢外側の痺れ、痛み

現病歴:2年前より発症。
    いくつか病院を回るも、腰椎椎間板ヘルニアと診断。
    以降、ブロック注射と痛み止め、湿布にて対処。
    今回、初来院前に整形外科にて神経ブロック注射を打ったところ、
    注射直後より全く動けなくなり、その一週間後に来院

所見:左SLR(下肢伸展挙上テスト)陽性。
   Bragard Sign陽性
   大腿神経伸張テスト 陰性
   極度の左重心に加え、左下肢の歪みもある。
   中殿筋、大腿筋膜張筋の筋力ダウン。
   腰椎4・5番に位置変位異常。

施術:まずは左重心を右重心に変更させる。
   これは簡単なので覚えたら自宅でも自分で出来ますよ。

   腰椎4・5番の位置変位に対して、それぞれタッチ。
   待つこと各々1分少々。
   私の手に反応して骨が動き出します。
   
   私『なんか感じますか?』
   患者『先生の手が温かくて気持ちいいです。』

   なんて話しているうちに
   ・・・コキッ・・・
   歪んでた骨がもとに戻ってくれたようです。

   患者『なんかハマりましたね(笑)』
   私『なんかスッキリしたよね』

   ・・・会話、逆じゃない?(笑)

   あとは歪んでた下肢をもとの骨の位置に整骨して、
   落ちてた筋力を○○でもとに戻し、
   仕上げは○○○!!!

   私『いくよ~!』
   患者『了解です。』

   この患者様、以前から違う症状で診ていた子だったので、慣れたもんです。

   全部終わって立ってもらうと、
   私『どうですか痺れ?』
   患者『いや~マシっすね。ほとんど取れましたよ!』

   まだ少し残ってるか"(-""-)"
   まっそこは次回までの私のお勉強・・・

考察:腰椎椎間板ヘルニアに関しては絶対的に鑑別が必要です。
   鑑別とは見分けること。何が原因なのか。
   それはどこの症状でもそうなんですが。
   
   日本では一般的に腰の軟骨が飛び出て神経を圧迫している
   と信じさせられてますよね?
   本当にそうでしょうか?
   海外でもそうでしょうか?

   
   『先入観』
   これが病を治すうえでもっともやっかいです。
   
   そこに見えていても、真実は見えていない。
   
   そこに美人がいても、真実は見えていない(これが男ですw)

   話がそれましたが、ヘルニアではまず患者様に知ってもらう事があります。
   患者様が理解してくれたところで、あとは私の腕の見せ所。
   大口たたいたからには結果出さんとね~。
   
   この仕事は永遠に勉強です。
   治せない症状に出会ったら、ひたすら勉強するのみ。
   より早く、より完璧に、より短時間で!
   これが永遠のテーマです。
  
   

PAGE TOP