ヘルニア・症例2

ヘルニア・症例2

2014.11.6

西洋医学と東洋医学

近代医学と伝統医療

似ているようで似ていない相反する存在。

お互いが手を取り合ったら、もっとよくなる患者は増えるだろうにな~。

さて、二日続けて症例報告。
鍼灸整骨院 悠を開院して6日が経ちました。

当初、最初は暇だろうからその間にホームページ作りや会計なんかを
勉強して、ポップ作ったり、既存患者への手紙諸々なんか作ったらいいやん…
とか思ってました。

今日も予約少ないし、チャンス!とか思ってたけど、
当日予約ビシビシ入る(ー_ー)!!
ありがたや~ありがたや~。

確定申告できるかな・・・間に合う??
既存患者様、手紙のひとつも出せずにすいません。
いつか・・・いつか・・・

『今日できることは今日やれ』
我が家の教えです。はい・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

症例2

60代男性

主訴:立っているとお尻がしびれ、腰をそらせない
   首から指先まで痺れがあり、時折激痛が走る。

現病歴:一週間前より特に症状悪化した為、近くの某有名整形を受診。
    頸椎ヘルニアと腰椎すべり症と診断される。
    腰痛とともに、少し歩くとお尻に痛みが走り、かがみこんでしまう。
    首から上肢の痺れ痛みは継続的ではないが、たまに悪化する。
    

既往歴:5年前に腰椎2・3番のヘルニアの手術

所見:立位にて前屈は指先が床につくほど柔軟性がある。
   身体を後ろにそらすことは難しく、お尻に痛みが放散する。
   指先の痺れは問診中ずっとあり、腰をひねると首も痛くなる。
   SLR(下肢進展拳上テスト)陰性
   知覚異常なし。

施術:まずは大雑把に全身を診る・見る。
   
   腰椎分離すべり症って知ってます?これたぶん治療家泣かせなやつ。
   すべり症

   でもたぶんこれじゃない!!
   ってことで検査。

   治療は検査8割、施術2割くらい。なんせ検査が大切ですよ。
   いきなりマッサージされてもね\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?

   下肢にはそんなに問題は見受けられませんでしたが、
   なんせ腸の状態が最悪でした。
   こりゃ~腰痛にもなるわなって感じで。
   聞いてみると、お米に、日本酒、甘いもの。 
   こりゃいかんですよ。
   わかる人にはわかる事実。
   はいこれです↓
   砂糖
   
   ってなことで、腰は腸の治療のみ。

   腸を戻して、立ってもらうと、
   私『立ってそらしてみてください』
   患者寝てる体制から座った瞬間に、
   患者『あっ、座った時点でもう楽やわ』

   立ってそらしてみると、かなり反り返れる。

   患者『なんで?www』

   次に頸椎ヘルニアだという上肢の痺れ。
   
   なんてこたない。これは原因が別の○○にあったから。
   ということで3分ほどで、上肢の痺れ解消!

考察:まず本当の腰椎分離すべり症が来たら僕はお手上げ。
   まだ今の技術じゃ無理なので知り合いを紹介します。
   
   でも問診している時から、この患者はすべり症ではないなという確信があった。

   頸椎も問診時から、これはヘルニアが原因ではないと、なんとなく思ってました。

   問診は大切!!

   今回はよくあるケースの少しだけひどいバージョン。
   そんなに難しくもなかったので、かなり改善してウキウキで帰られました。

   何年来もつづく症状は内臓にあることが多いです。
   ただの筋肉の緊張なら1~2週間でかなりよくなります。
   
   歳だから?まっ、少しは関係ありますけど。

   もっと医療機関が統合されて、最高の医療を患者様に提供したいですね!
   

PAGE TOP