外くるぶしの痛み・症例2

外くるぶしの痛み・症例2

2015.07.17

台風が過ぎ去りましたね。
夏の高校野球も1日順延です。
球児にはいい休養になりましたね^_^


私も今週1週間が激動の毎日でした。。。
(;゜0゜)


昨日も最後の患者様が22時30分より。
1年ぶりに来てくれた某高校エース君。
1年見ない間に大きくなってましたp(^_^)q


足には他の整骨院で巻いたテーピングの跡。
どうやら捻挫のようです。




症例
患者:18歳男子


主訴:右足の捻挫。


現病歴:
3日前の試合で捕球しようとした際に、マウンドの傾斜に足を取られ捻った。


所見:
右足の外くるぶしの周辺に圧痛。
外くるぶしを中心に腫脹。熱感はなし。可動域制限もなし。
各靭帯のストレステスト(−)
長短腓骨筋の筋力低下。
腓骨下方変位、距骨前内方変位。


施療:
まずは靭帯周辺の圧痛を一つずつリリースしていきます。
患者さんに確認しながらの細かな作業になりますが根気強く。


腓骨と距骨の変位の修正。
長短腓骨筋の筋力を戻す。


たぶん夜遅くて頭がぼけてたんでしょうね。
やっとこの時点で原因に気づくm(_ _)m


捻挫なんですが、いわゆる捻挫じゃないんですよね。
これは関節の緩みが原因でした。


遠位脛腓関節離開。


じゃ〜最初からこれにアプローチしたらいいやん!!って話なんですが。
すいません。疲れてボケてました。


ということで、関節を締めていきます。
みるみる腫脹が減ってきました。


施療後、ジャンプも出来る。
深く屈伸した時だけ違和感が残る。


もう少し締めないといけませんね。
ホームエクササイズを教えて終了。
3日後の試合に間に合えばいいのですが、もう一度施療したかったですね〜。




考察;
捻挫という概念。先入観。
これは時に判断を狂わせる要因となります。


足はとても複雑にできてます。
画像の説明
体重を支えなければならない上に、細かい動きもサポートしなくてはならない。
毎日頑張ってくれてますよね。


そんな足だからこそ、少しの歪みが全身の不調に繋がる場合が多いですね。
特に気をつけなければならないのが靴やインソール。


歪んだ足や身体のまま選ぶのがいいのでしょうか?
絶対に足と身体を治した上で、靴やインソールは選ぶべきです。


なんとかベストピッチング&ナイスゲームを期待してます。


1年ぶりに来てくれた彼。
近くの整骨院に通いながらも、最後いざという時に頼っていただけました。
ありがたいです。そんな気持ちに感謝感謝。


患者さんの最後の砦になれるように、もっともっと精進ですね。
明日からも頑張ります!!

PAGE TOP