寝違い・症例1

寝ちがい.症例1

40代女性

主訴:咳をするだけでも首が痛む。朝起きたら首が動かなくなってた。

既往歴:5年前に追突事故で、むちうちになる。

所見:頸部右回旋・下を向く際に右頸部が痛む。
   右肩甲骨の位置異常。
   胸椎3番~5番の回旋制限。

施術:右腕の骨の歪み、筋肉の反射不良を治す。
   脊椎全体の歪みを○○整体にて治す。
   胸椎3番~5番の捻れに対してタッチ。
   
   私『今ここまでやってみてどうですか?咳してみて』
   患者『ゴホッ・ゴホッ』
   患者『・・・』

   私『どうですか?』
   患者『痛みなくなっちゃいました。首触ってませんよね(笑)』

考察:首が痛むからといって首が悪い訳ではありません。
   今回のケースでは
   腕の歪みと身体の歪みが背骨に影響を及ぼしたケースです。
   お急ぎだったので、とりあえずの痛みだけ取りましたが、
   この方、なかなかの肥満体型で他にも色々悪い所がありそうな感じ(*_*;
   終了後、食事指導をしていると本人も苦笑いのご様子。
   食べるなとは言いません。
   無理するなとも言いません。
   ただ身体の悲鳴に気付ける感覚を持ってください。
   身体は正直ですよ~(^。^;)

PAGE TOP