症例1.突然泣き出す

症例1.突然泣き出す

2015.04.17


4月中旬、しかしまだまだ寒い日が続きます。
確か昨年のGWも寒かった記憶があります。
去年何してたっけ??
・・・老化 (-ω-)/





小さいお子様をたまに施療させていただく機会がございます。
怪我の時もあれば、熱がある時、もしくは複雑な疾患の場合。
複雑な疾患の場合は紹介もさせて頂きますが。


今までで最年少は4か月の赤ちゃん。
しゃくりを止めて欲しいとのことでしたが。


テレビで問題になったようなユラユラ体操なんてしませんよ。
あれは素人。


私の施療は脳反射を使います。
皮膚にごくわずかな擦る刺激を与えるだけ。
超安全です。


あまりに簡単だったので、簡潔に書きます。

症例
患者:4歳女児

主訴:理由もわからないが泣いている

初見:左重心、頸椎2番目の歪み 

施療:頸椎2番にタッチ。左重心を右に変える体操を本人にしてもらう。
    
   ・・・以上(笑)


   見事!泣き止んでご機嫌笑顔になりました(#^.^#)

考察:頸椎2番目は主に頭痛に関係すると昔から言われています。
   今回用いたのは野口整体の“輸気”という方法。
  
   簡単です。
   誰にでもできる!・・・はず?

   子どもだって歪むときは歪みます。
   疲れたらバタンキューできるくらいなんだし、
   歪んで、しんどかったら機嫌も悪くなる・・・はず?

   世の中のお母さまに広めたいですよね。
   たぶんポイント覚えて見極めができれば、我が子の歪みくらいお母さんが
   とれると思いますよ。

PAGE TOP