腰が抜けた・症例1

腰が抜けた・症例1

40代女性

主訴:立てない歩けない (腰が痛すぎて)
   徐々に痛かった腰痛が朝起きたら突然歩けなくなった。

既往歴:帝王切開経験あり
    何度かぎっくり腰は経験
    内科疾患特になし。

所見:ハイハイで来院されました。
   何かに掴まってやっと立ち上がれる状態。
   体幹伸展は痛みながらも辛うじてできるが、前屈は不可能。
   寝返りも困難。
   両大腿部外側に圧痛。
   両仙腸関節部に激痛。(飛び上がるくらいの)

施術:うつ伏せでの下肢伸展は可能だったので、腰椎の施術は後回し。
   まずは真っ直ぐ立てるようにしないと患者様の日常生活が困難。

   特定のポイントの検査・診断によって、
   原因は骨盤の緩み過ぎだと判断し、骨盤を締める。
   しかしあまりの痛みだったので、患者さんの恐怖心も半端ない"(-""-)"
   
   まずは患者様の手で、脳の反射を用いて、知らない間に骨盤を締める。
   
   私『ちょっと手を貸してね~』
   患者『???・・・はい。』

   私『ちょっと撫でるよ~』
   患者『???・・・あっ、はい・・・』

   少し時間がかかります。立てないくらいの緩み方だったので。
   20分経過・・・

   私『どうかな~ここ押さえるとまだ痛む?』
   患者『いや、さっきよりかなり減ってます。なんで??』

   かなり患者様の恐怖心も減ったところで必殺技!!!
   
   私『ちょっとだけ強めの押さえ方するけど、痛かったら止めるから言ってね』
   患者『わかりました。』

   特定のポジションからの、エネルギー注入すること約3分。
   グググっ・・と骨盤が締まりだす。

   私『一度頑張って立ってみましょうか?』
   患者、何事もなかったようにスぅっと立つ。そして歩く。
   
   患者『エッ、エ”~~~っ!!歩けるし!!!』

   \(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?

考察:腰が抜けるという現象。
   はっきりとしたデータはないものの、季節の変わり目に多いような気がします。
   普通の腰痛とは違い、腰椎にはほとんど異常が見られません。
   身体の中心部の骨盤、仙骨と腸骨を結ぶ仙腸関節が緩んでしまうと、
   下肢も上肢も力が抜けます。
   全身ゆるゆるなんです。
   自分でできる予防法もあります。
   抜けた方には教えますよ~!

   なんせ、この方、病院でブロック注射を打ってもらったが、
   全く効果がなかったばかりか、逆に痛みがひどくなってしまい・・・

   診断は大切ですよね。
   痛み止めも時と場合によりけりです。
   まずは原因を知りましょう!

PAGE TOP