踵の痛み・症例1

踵の痛み・症例1

成長痛は色々なものがあります。
特に代表的なのが、膝のオスグット、かかとのシーバー病。

・シーバー病(踵骨骨端症)は、8歳〜12歳ごろの子供に多く見られる怪我です。主な症状はかかとの痛みですが、アキレス腱やくるぶしの周辺、足裏全体が痛くなる子もいます。
特に、ランニングやジャンプなどの動作で痛みが起きます。


8歳〜12歳の頃は、まだ、かかとの骨の後ろ側が軟骨(柔らかい骨)で出来ています。


かかとの後ろには、「アキレス腱」や「足底筋膜(足の裏の筋肉)」をはじめ、さまざまな筋肉がくっついています

しかし意外と知られていない原因もある。その一例。


症例

10代男子

主訴:歩行時の踵の痛み(左>右)

現病歴:疲れた時に、着地時に踵に痛みが出る

所見:整形外科や整骨院では踵の成長痛だと診断。
   圧痛はあるものの、骨の変形、腫れ、浮腫などは無い。
   極度の左重心、左下肢の様々な骨の歪み。
   糖質検査にて陽性。

施術:正座させてみると、右膝のほうが5センチ近く長くなる。
   これは初めて見るくらいの脚長差でした。
  
   身体全体を眺め、明らかに流れが詰まっている部分がある。
   踵自体は、確かに動きが悪い。
   ある特定の方向に動かしたときに抵抗がかかる。

   流れの詰まっているところ2か所に対して施術開始。

   私『踵より、ここ押したほうが痛くない??』
   患者『イタっっっぁ!!』

   飛び跳ねる(^_^.)

   私『ここの部分、すごく詰まってるから、踵よりまずこっちやるね~』
   患者『・・・』
   
   小学生だもん、意味不明ですよね。

   5分ほどで詰まっていた箇所が流れるようになる。

   私『確認で立ってみようか?足ついた時の踵の痛みどう?』
   患者『左は痛くなくなったんですけど、右が痛くなりました』

   ????

   患者を仰向けに寝かせて、再度検査。
   確かに左の踵の動きは良くなったけど、右の踵に制限がかかる。
   そこで再度、全身を見る・診る。
   確かに右が流れていない。

   ????

   何故、左が右に変わったのかわかりません。
   また勉強します<m(__)m>

   とりあえず、右の詰まったところを流す!

   私『どうかな?もう一回立って確認してみて』
   患者『両足とも痛くなくなりました!!』

   
   ・・・・踵、触ってません・・・・

考察:成長痛。
   教科書やネットには頻繁に出てきます。
   簡単に言うと、成長期に起こる骨の過増殖による骨の変形。

   確かに他医院では、そのような診断が下されてました。

   ですが、しっかり診ると、踵に骨の変形は見られません。
   成長痛の特徴は、左右両方に骨の変形が見られます。

   考えてみてください。。
   
   同じ栄養を取って、成長してるのに、片方だけの足だけ成長することなんて、
   あると思いますか?

   今回の原因は糖質の取り過ぎによるある筋肉の滞りです。
   身体には何本もラインが流れてます。
  
   東洋医学の経絡、筋肉のつながり・・・
   色々あります。

   その中でも今回踵の痛みの原因となっていたのがこれ↓

画像の説明 

   このラインの中詰まっているところがありました。
   人間の身体は不思議でいっぱいで、
   私もまだまだ勉強中です。


   痛いところが悪い・・・
   痛いところだけを治療する・・・
 
   これ、今の日本の悪い癖です(*_*)

   痛いところが悪いとは限りません。
   痛いところは、実は本当に悪い場所をかばってるだけなのかも。

   見つけてあげてください。
   本当の原因を。

画像の説明

PAGE TOP